To2kaの日記

     オモシロキコトモナキ世ヲオモシロク 〜鬱です〜

昨日1ヶ月ぶり位に

米を食べたら今でも胃がムカムカして

気持ちが悪い

嘔吐に嘔吐

1ヶ月で6キロ減

こんなの薬物じゃないか?

豆腐とみかんと生野菜

ばかり食べる生活

もう飽きた

めんどくさくて

2日間何も食べないと

目眩ふらつき動悸

息切れが酷く

頭も回らないし何もできなくなった

から仕方なく食べる

そんな風

別に何が美味しいもないし

楽しいもない

外に出る恐怖は凄まじく

買い物に行く時は

腕を切って気合を入れふらふらしながら

まるでヤク中の様な形相で行く。

側から見れば明らかおかしいし

気味が悪いと思う。

時々声を出したり

手を意味なく動かしたり

しながら下を向いている

奴なんておかしいだろう

したくてしてるわけじゃない

勝手にそうなる

お前らには分からないだろ

こんな気持ち、生活

 

最近映画SAWを寝ずに

一気に1から

ラストのファイナル7まで見た

最高だね

次々殺されていく

人をあいつらだと想像したら

あぁあいつらが

あんな風に残虐に

ジグソウに殺されれば

私は心が少し穏やかに

なれるだろう

でも心の傷は消えない

一生消えない

のうのうと息してんじゃねえよ

殺すぞ

死ねよ

人の心殺しておいて

なんの罰も受けずに

生きてるなんて

お前らおかしいだろ

頭沸いてんだろ

気色悪い

頭の悪い奴ら

今すぐジグソウに

目ん玉くり抜かれて

首ちょんぱされて

体ミンチにされてしね

自分で選択しろ

 

 

十分

自分を救えるのは

いざとなった時自分なのだと思う。

それは私の場合に限るの

かもしれないが。

無職の無収入で

ここまで生きて子供2人がいながらにして

生活できているのは

自分の経験と必死さ。

支援なんてしてくれる人は

私にはいない。

もちろん親も。

それでも生活はつづいてゆく。

支払いに生活費

息子は支援級だから交流級ではかからない

お金が割と多くかかったりする。

私がここまで生きてこられたのは

支払いを分割にしなかった事。

借金があると状況はまた

違っただろう。

私はローンや分割が大嫌いで

車のローンも2年の所を

1年で払い終えた。

お金を背負っているというのが

どうにも心に負担がかかるのだ。

物を買う時は必ず1回。

支払いも1回。

そうするとその月が苦しくても

次の月からまた元通り。

そうしてちょこちょこ小銭を

貯めてきた。

誰もあてにはならない

そんな環境だから仕方がない。

生活保護は絶対にいやだ。

車は絶対に手放したくないし

余計に自分を追い詰める事が

目に見えてわかる。

今、誰にも頼っていない。

それでも生活している。

だからいいじゃないか。

生活していけているのだから。

生きてゆけているのだから。

息子のクリスマスプレゼントも

お年玉も勿論既にその分は

よけている。

貧乏は親のせい。

子供を巻き込むわけにはいかない。

もしこの先お金に余裕が

全く無くなっても

イライラしたり

暗くなったり

お金がないなんて

子供の前で口には

決してしたくないし、しないと決めている。

子供からすれば

そんなの知らんがな。

である。

こんなうち産まれたくなかった。

そう思われても仕方がない。

お金がないがせいで芽を潰すような

事もしたくない。

勿論その分はとうに貯まった。

息子がお腹に宿ったと分かった

時から本当に少しずつ貯めていた。

結婚中借金地獄でそこから

お金を使った時は悔しさと

申し訳なさでいっぱいだった。

このままでは息子の貯金

「息子のお金」が全て無くなってしまう。

だから離婚した。

私の分は全て無くなった。

文字通り無一文からの再スタートだった。

 

お金があればそりゃ欲しいものは

沢山手にはいる。

となるとそれを収納しておく

広い家が必要になる。

 

物は少なく思い出はいっぱいに。

 

私はこの狭い団地で十分。

高い家賃を払ってまで綺麗な

家に住みたいとは思わない。

 

もし私がお金持ちだったら

それでも豪邸には住まないと思う。

団地は収入の関係で住めなくなるから

出て行くしかないが

私は世界中の地を踏んで

この目で見てみたい。

貧困国の子供と遊びたい

寄付をして教育、ワクチン、食料

を与えてあげたい。

それには大きな家は

必要ない。

 

もう根っからの貧乏性なのだろうか。

人が聞けばよくそんな

お金でどうやって生活してるの?

という金額で生活している

と思う。

けど、うちは貧乏だけど

お金がないわけじゃない。

衣食住賄えている。

十分だろう。

 

 

0.5歩

ここ最近私にとてつもなく

いい兆候が出てきている。

 

それは

欲が出てきた事。

晴れの日を疎ましく思わない事。

ソロキャンプにどハマりしている。

 

今日は途中雨が降ってきたが

意地でも帰らなかった。

 

カーサイドタープに

木の枝で支え即席のタープを作って

雨を凌いだ。

f:id:To2ka:20201122201858j:plain

 

 

キャンプは沼ですよ。

8月に息子とキャンプをするために

snow peakのバーナー1つを

買いに行ったことから始まった。

今やテント以外はほぼある。

100均で買ったものもあるが

最近キャンパーの間で100均がつかえると

話題になっている。

 

「ものが欲しい」

そう思えたのはどのくらいぶりか覚えていない。

今はキャンプギアを毎日ネットで

眺めているし

YouTubeの私の視聴履歴は全て

キャンプ、野営動画だけになった。

 

私は人に言われてそれに

ハマったりしないが

自分で興味を持ったものは

どハマりしてしまう。

福井にまさか行くとは

思ってもいなかった。

 

今は千葉の柏の行きたくて

仕方ない。

日本最大級のアウトドアショップが

あるのだ。

 

しかし福井に行ってしまった分

キャンプギアを買ってしまった分

お金は勿論減ってしまったので

それはいつになることか……

でも私ならなんとしてでも

行くんだろうなと思う。

いつもそんな感じだから。

 

薬はまた量が増えてしまい

変んな睡眠の取り方になってしまった。

2時間寝ると起きてしまう。

そしてまた朝9時に寝る。

前のような過眠という事はないが

その分眠気がいつやってくるか

わからず薬を飲まずに寝てしまった

時の離脱症状はかなり大きい。

1日中嘔吐と倦怠感、頭痛で

もうそれはそれは苦しい。

 

1歩進んで1歩下がる。

そして0.5進む。

…進んでいる気がする。

こう思えただけでも

進めているのだと思う。

勿論気分のむらがあるので

5分後にはどうなっているか

わからない。

生きることに絶望を感じているかもしれない。

 

でもいい。

楽しいこと、好きなこと、欲しいもの

を見つけられたから

やっぱりこれは0.5進んでいる。

 

f:id:To2ka:20201122203410j:plain

 

f:id:To2ka:20201122203426j:plain

f:id:To2ka:20201122203447j:plain


戸塚

結局人間は「個」ということ。

生きている。

生かされている。

という点に眼を向ければ

決してそうではないのだが。

 

同じ地点に立って歩を

進めていたはずが

気づけば

姿を見失うまでに

違う方向に

互い歩んでいたり

 

まぁしんどいよ。

でも、どうにもならない。

私とて意識はある。

それは貴方にも同じく。

けれど

なんなんだろうか

失ってもいないのに

この喪失感。

あぁ辛いわ。

仕方のないことで

片付けるには勿体ないわ。

 

途中気づいていた

貴方のその棘が

数を増やし

表面に突き出て

私にまで

刺すとは

考えもしなかった。

 

あなたはどう思っているの?

きっと気づいていないその凶器。

 

まぁいいわ。

幸も不幸も

わたしが決めるわ。

 

ーだから

ほっといて。

時代にも人にも

呑まれたくない。

 

 

借り物の地球

数日間ひとり旅をしてた。

今回は息子もいない全くのひとり。

場所は北陸。

最近ハマってるひとりキャンプ。

そこから自然に触れたい、キャンプギアをめちゃくちゃ見たい。

そこで見つけたのが

福井県。

 

コロナの影響で飛行機を乗り継いで

4時間で到着。

 

空港の受付では

やはり失声になり、手話でのやりとり。

先行き不安と

みたい景色を見つけた時のワクワクは

消えて飛行機の中で後悔という言葉が

頭を埋め尽くしていたけれど

全くの未開拓地。

見たい景色と北陸最大のキャンプギアショップがあるという理由で決めただけの地。

 

f:id:To2ka:20201029221840j:image
f:id:To2ka:20201029221829j:image
f:id:To2ka:20201029221851j:image
f:id:To2ka:20201029221837j:image
f:id:To2ka:20201029221847j:image
f:id:To2ka:20201029221824j:image
f:id:To2ka:20201029221833j:image
f:id:To2ka:20201029221844j:image

 

東尋坊

雄島

北陸最大のアウトドアショップthe gate

 

最高だった。

 

東尋坊に着きその景色を

肉眼で見た瞬間息を飲んだ。

 

すごい…

ひとりで思わず口をついてしまった。

本当にすごい。

迫力

その計算され造られた様な造形美

これが自然の力によって造られたものだなんて

 

人間は自然には一生勝てないと思う

どんなに技術が進化しようとも

自然の美しさには敵わない

 

東尋坊は自殺の名所でもある。

「生」と「死」が交わる場所。

「喜」と「憂」が交差する場所。

 

私はここに立った時希死概念など

全く頭に過ぎらなかった。

むしろ、こんな景色が他にもあるんだ。

私の知らない見た事のない景色がまだまだ

あるんだ。

行かずに死ねるかよ。

って思った。

 

 

おそらく、県の8割は田圃で占めているんじゃないかと言うほどそこかしこに田圃があり、

大きい川があり、あちこちに用水路がある。

 

空が広い。

とてつもなく広い。

空が青い。

海が透き通っている。

 

これって多分当たり前

本当であれば当然の事。

 

だけどそれを日々人間は汚し

人間の欲故に

勝手に自然を地球を破壊し続けている。

 

あぁこんなに海って綺麗だったんだ。

空ってこんなに澄んでいたんだ。

空気ってこんなに体に染み渡っていくんだ。

 

長く短いひとり旅で

感じた事は

地球は人間が借りているだけであって

人間の所有物ではない。

汚し破壊してゆく権利などない。

もうこれ以上進化など要らないし

物も必要ない

 

そして私はやっぱり

ひとりが好きだし

息子2人がいればそれで充分。